2018年9月13日木曜日

たくさんのふしぎ10月号『植物でシャボン玉ができた!』


植物からなぜシャボン玉ができるのでしょう。

それは、植物に含まれる「サポニン」という物質のためです。


このサポニンは、身近な雑草から野菜やマメまで、非常に多くの植物に含まれています。

これが界面活性剤の働きをするのです。

簡単に言うと、石けんのように使うことができます。

しかし一口にサポニンといっても、その種類は様々で、植物によって含まれるものは違うのです。






特にムクロジやサイカチは泡立ちのよさから、世界各地で洗濯などに使われてきました。

サイカチのサヤと、若いムクロジの実


サポニンが含まれているかを知るのは簡単。

植物を細かくし、水に入れて振ってみればよいのです。

この方法は薬学の現場でも、サポニンの有無を簡単に判定する方法として使われているそうです。



著者の高柳さんは、いろいろな植物を実験していくうち、泡立ちのよい種類の植物でも、うまくシャボン玉になるものとならないものがあることに気がつきました。

ダイズの泡



ひとつひとつの泡が大きいものと、細かい泡がたくさんたつもの。泡が立つといっても、その様子は植物によって異なっているのです。



シャボン玉になりにくい植物でも、なんとか作れないものだろうか。
そこで高柳さんが編み出したのが、植物のごく細い茎をストローにして吹く方法でした。
そーっと吹くと、ぷくっとした泡の球ができるのです。



市販のシャボン液とは違い、大人でもかなりの集中力が要求されるこのシャボン玉遊びは、できた時の喜びもひとしおです。
本では、シャボン玉液を作り方や吹く時のコツも載せています。

シャボン玉を吹くのが難しいという子には、半円のシャボン玉遊びも楽しいですよ。

ムクロジの半円シャボン玉


ストローからシャボン液まで、すべて植物でまかなってしまうという植物遊びの一冊です。作り方は簡単!! ぜひ試してみてください。


2018年9月4日火曜日

たくさんのふしぎ9月号『すてきなタータンチェック』② オリジナルタータンづくり編!

『すてきなタータンチェック』刊行を記念して、
読者の子どもたちをイメージしてオリジナルタータンをつくることになりました!
その完成までのお話を、ご紹介します。

" Takusan no Fushigi - Lots of Wonders "


『すてきなタータンチェック』の絵を手がけた穂積和夫さん。

ダンディにきめる穂積さん

長年ファッションイラストレーションの
第一線をはしっていらした方です。
アイビーボーイアイビーギャルというキャラクターで
アイビー世代にはおなじみです

穂積さんが、長年チェックの布地を手織りしてきた明石恵子さんの力をかりて、
色や柄のおおまかなイメージをたちあげます。
明石さんはそのイメージを土台にして、具体的な色糸をえらび
またよりタータンらしいチェックの配色を提案します。
そのキャッチボールをすることしばし……。



明石さんによると、最近は、スコットランドタータン登記所に
正式にオリジナルの柄として登録されるためには
登録するタータンがつくれらた背景、そしてどういう思いが込められたのか
という記述も審査を左右するそうで……、
ストーリーづくりにも熱がこもります。

「小学校3年生がメインの読者。3本の線をいれてはどうだろうか?」
「子どもたちをあらわす色は何色がいい?」

さらに試作をくり返すこと数ヶ月。
ついにオリジナルタータンが完成しました!

明石さんが手織りで仕上げたマフラー
撮影:駒田匡紀

じつはこのタータン、現在スコットランドタータン登記所への
登録作業を進めています。
無事に登録ができましたら、またご紹介させてください。

" Takusan no Fushigi - Lots of Wonders "
This tartan was designed for a book "Wonderful Tartan" published in September 2018 by Fukuinkan Shoten in Tokyo Japan as a monthly publication for children of 3rd grade at primary school from which they will learn about tartan and its history.
The green symbolises children who glow as new leaves. The three white lines marks their 3rd year in school, The red and dark blue are for the parents, teachers and all adults who will support the children. Light blue is the sky and the yellow links all the pupils together.“



2018年8月29日水曜日

穂積和夫さん×大橋歩さん 『すてきなタータンチェック』刊行記念イベントのご案内です! 

イベント延期のお知らせです

このたび9月8日(土)に予定しておりました「【トークイベント】『すてきなタータンチェック』(奥田実紀文・穂積和夫絵、福音館書店)刊行記念 穂積和夫と大橋歩が語るファッション・イラストレーション」ですが、穂積和夫さんのお怪我により出演が難しくなり、延期することとなりました。

イベントを楽しみにしていただいたお客様には大変申し訳ございませんが、 穂積和夫さんの体調が良くなり次第、再度日程を告知いたしますので、お待ちくださいますようお願いいたします。

この件に関しまして、ご質問等ございましたら、下記までご連絡ください。

銀座 蔦屋書店:03-3575-7755

(9月3日月曜日加筆)



★★★★★★★イベントのご案内です!★★★★★★


穂積和夫と大橋歩が語るファッション・イラストレーション

銀座蔦屋書店さんにて、
9月8日(土曜日)19時より
たくさんのふしぎ9月号『すてきなタータンチェック』刊行記念
のトークイベントを開催します!

絵を手がけた御年87歳のマエストロ、ことファッションイラストレーション
の名手穂積和夫さんと、
ゲストに、「平凡パンチ」の表紙絵、さらにその後も広告・雑誌などで
幅広い魅力的なお仕事をされてきた大橋歩さん
をお迎えしての超豪華共演です!
穂積和夫さん


大橋歩さん


1960年代からイラストの世界でご活躍するお二人だからこそ語ることの出来るファッションイラストの世界についてお話し頂きます。こんな豪華な組み合わせは、またとない貴重なひと時となるはずです!

当日は、この本のために穂積和夫さんと織り研究の明石恵子さんが
デザインされた「たくさんのふしぎオリジナルタータン」も
ごらんいただけます。

イラストや絵を描かれる方、ファッションがお好きなかたがた、
雑誌がお好きな方々……みなさんどうぞおこしください。
大人むけのイベントです。

詳細は以下蔦屋さんサイトをご参照ください。
チケットをお買い求めいただけますとご参加いただけます。
おまちしています!

https://store.tsite.jp/ginza/event/art/3239-1433450827.html

2018年8月3日金曜日

たくさんのふしぎ9月号は『すてきなタータンチェック』①

たくさんのふしぎ9月号は『すてきなタータンチェック』。
奥田実紀 文  穂積和夫 絵

おしゃれに目覚める小学生の子どもたちに、古今東西の人々が夢中になった、
このすてきなチェック柄をご紹介します。

そのドラマチックな歴史、ファッション、定義などなど、
さいしょからおしまいまで、タータンチェックづくしの1冊です!

文章を担当した奥田実紀さんは、数十年来のタータンチェック愛好家です。

奥田さんがタータンチェックと出会った当時、いまのように便利な
インターネットもなく、日本語で書かれたタータンチェックの本も
まだなかったそうです。

奥田さんがタータンチェックに出会ったのは、1960年代の仙台でした

そんななか、タータンチェックへの情熱だけで、洋書にかじりつき
ついには、その誕生の地スコットランドを訪ね、タータンチェックの本を
3冊も刊行するに至った奥田さん。
その情熱の数十年を追体験しながら、タータンチェックの魅力にせまる1冊です。


小学生のころ、大のチェック好きだった奥田さん。10代になると、
なかでも、"タータンチェック”に惹かれていることにきづきます

そして、20代で訪れたカナダのプリンスエドワード島で、
プリンスエドワード島タータンに出合います。
「タータンチェックはイギリスのものじゃないの?」
ここから奥田さんのタータンをめぐる長い旅がはじまります!

念願叶い、おとずれたスコットランドでは、
タータンチェックにゆかりの深い方々に直接インタビューをかさねます

そうして見えてきた……タータンチェックのドラマチックな歴史

さらにはその定義まで……

そして、ついには、
この本の絵を担当した穂積和夫さんと、
長年チェックを手織りしてきた友人の明石恵子さんの力をかりて、
「たくさんのふしぎオリジナルタータン」を作成します!


長くなってしまいました!
オリジナルタータン作成秘話は、②につづきます……!

(M)


2018年7月11日水曜日

『デタラメ研究所』

たくさんのふしぎ2018年8月号は『デタラメ研究所』です。



サイコロを見ると、小学生のときに経験した
摩訶不思議なきもちがよみがえります。

<サイコロをふったとき、「1」の目がでる“確率”は6分の1>
この法則を学校できいてきた担当は、
放課後、家のボードゲームの箱からおもむろにサイコロをとりだし、
30回、ほんとうにサイコロをふってみることにしました。

果たしてその結果は?
6分の1からは、ほど遠く、
「1」が2回、「2」は8回、「3」は・・・・・・と、
とても偏った結果になったのでした。

なにかよからぬ世界と通じたような思いがし、
すぐにサイコロをしまったのを、昨日のように覚えています。

こんな体験をした人は意外に多く、この話をすると、
やったことある! あれ、6分の1にならないよね!
という反応がかえってきます。100回以上試した強者、
なかには、自由研究のテーマにまでした人もいました。

そこで、いつかこの不思議をテーマにした1冊をと考え、
統計学とプログラミングを研究する小波秀雄さん、そして
『8月のソーダ水』などのマンガで人気のコマツシンヤさんを
著者におむかえし取り組んだのが、この本です。
(企画より完成まで、7年を要しました!)

マンガ形式でお送りする、不思議な確率と統計の世界への
イントロダクションです。

ご案内するのは、デタラメ研究所所員のアールくん。
アールくんに導かれ、大冒険するのは
サイコロをふって「1」が3回連続してでただけで
「奇跡だ!」と言ってしまうエヌくんです。

さて、どんな旅になるのか、本誌でごらんください!