2021年9月6日月曜日

たくさんのふしぎ10月号『コケのすきまぐらし』 作者のことば

コケが開く新しい世界
田中美穂

 わたしの開いている古本屋には実体顕微鏡を置いていて、ときどき、コケについて尋ねに来られたお客さんに覗いてもらうことがあります。実体顕微鏡とはルーペの王様のようなもので、コケでも石でも昆虫でも、そのままの姿を数倍~数十倍に拡大して観察することができるのです。

 数種類のコケを用意して、それぞれ見てみると、葉の先がくるんとカールしているもの、透明感のあるもの、不透明で分厚いもの、茎と葉の境目あたりにびっしりと無性芽をつけたものなど、ずいぶん違いがあるのがわかります。多くの人は、コケにも葉や茎があることに、まず驚くようです。

 例えばそうやって、もうすっかり大人になった人たちが、「わあ、学校の理科の時間以来だね」などと言いながら顕微鏡を覗いてみているとき、「葉っぱの先は色素がなくて透明になっているでしょう? だから肉眼で見たとき、全体的に白っぽく見えたんですよ」と説明すると、みなさん「あ、ほんとだ!」とそこであらためて目を見開き、そしてしばらくのあいだ、顕微鏡下の世界にくぎづけになります。たぶんそれは、その人にとっての「新しい世界」が開けた瞬間なのだと思います。あんなに小さなコケに、ちゃんと茎や葉があるのはもちろん、その先っぽが透明になっているものがあるなんて、きっといままで想像したこともなかったはずですから。

 物理学者で、漱石門下の随筆家でもある寺田寅彦が、「どんなに美しくみえる造花でも、それを顕微鏡で覗いてみれば、ただの粗雑な繊維のかたまりであるのに比べて、どれほどつまらないと思われている草花でも、これを顕微鏡で覗いてみれば、どれも驚くばかりに美しい」というふうな事を書いています。

 これは手のひらにおさまるような、10倍ほどの倍率のルーペでもじゅうぶん体験できます。ベランダの植木鉢の中に生えている、一本の草花にぐっと近づいてみれば、葉や茎には半透明のうぶ毛がはえ、散りかけた小さな花の付け根には、ぴかぴかの丸い実ができているかもしれません。

 以前、うまれてはじめて地面にはいつくばってコケ観察をした友達が、顔をあげたとたん「いままで、靴の底で踏みつける地面は、なんとなく汚いものという感覚があったけど、こうしてみたら、小さな小石や砂もみんなきらきらとしていて、ぜんぜん汚いと思わなくなった」と目を輝かせて言いました。これこそ、「目線が変わると世界が変わる」ということだと思います。

 山の世界、木々の世界、猫の世界、鳥の世界、昆虫の世界。同じ地球の上で、同じ空気を吸いながら、しかしそれぞれに、まったく違った次元で生活している動物や植物が数えきれないほどたくさんいます。そして、それぞれの世界や生き方について知れば知るほど、わたしは、明るく、軽く、のびのびとした気持ちになるのです。


田中美穂
1972年岡山県倉敷市生まれ。同市内の古本屋「蟲文庫」店主。著書に『苔とあるく』『亀のひみつ』『星とくらす』(以上、WAVE出版)『ときめくコケ図鑑』(山と溪谷社)『わたしの小さな古本屋』(ちくま文庫)、共著に『本の虫の本』(創元社)、編著に『胞子文学名作選』(港の人)がある。

■「たくさんのふしぎ」のご購入方法は?

①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。

②amzon、楽天ブックスなどのウェブ書店さんでもご購入いただけます。

(品切れになっていたり定価より高くなっていることがありますが、小社には在庫がありますので、近くの書店さんにご注文頂ければ幸いです)

③定期購読についてはこちらをご覧ください。

https://www.fujisan.co.jp/product/1559/





2021年8月3日火曜日

 たくさんのふしぎ9月号『かんころもちと教会の島』

9月号は『かんころもちと教会の島』(にしむらかえ 文・絵)です。

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=6875

長崎県の名物お菓子「かんころもち」。「かんころ」とは乾燥芋のことことです。かんころもちは、うすく切って焼いて食べると、香ばしく、さつまいもの自然な甘みが口に広がる、とてもおいしいおもちです。このかんころもち、実は、江戸時代のキリスト教が禁じられていた間、ひそかにその教えをまもってきた、潜伏キリシタンの人びとと深いかかわりがあるのです。


作者のにしむらかえさんは、長崎県在住。舞台となる上五島の島々を数年にわたって取材してきました。

江戸時代、迫害をのがれたキリシタンの人びとは、上五島の山にたどりつきました。そこで急斜面を耕し、かんころを作って保存し、命をつないだきたのです。

現在でも上五島では、集落ごとにたてられた小さな教会が29もあります。花でかざられたその教会に、夕方になると子どもからお年寄りまで集まり、ミサが開かれます。そうしてキリスト教をまもってきた人びとが、かんころもちをつくる人たちでもあります。


おいしいお菓子と宗教の歴史をたどる今月号。34-35ページの絵地図を見ながら、本での旅をお楽しみください。


■「たくさんのふしぎ」のご購入方法は?

①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。

②amzon、楽天ブックスなどのウェブ書店さんでもご購入いただけます。

(品切れになっていたり定価より高くなっていることがありますが、小社には在庫がありますので、近くの書店さんにご注文頂ければ幸いです)

③定期購読についてはこちらをご覧ください。

https://www.fujisan.co.jp/product/1559/



2021年5月13日木曜日

たくさんのふしぎ6月号『ハチという虫』

6月号は、『ハチという虫』(藤丸篤夫 文・写真)です。
https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=6872


私自身、子どものときにハチに刺されたことをよく覚えています。今でも少し怖い。作者の藤丸篤夫さんも、子どもの時に刺され、ハチを敬遠していたそうです。


しかしある時、この虫たちのおもしろさに惹かれ、ほぼハチだけを追いかける写真家になってしまいました。

藤丸さんが取材に使うのは自転車や原付バイク、あるいは徒歩。主に東京近郊で撮影しています。

この本には、アメンボの卵に卵を産みつけるハチや、クモやゴキブリをあやつってしまうハチなど、驚くべきハチの暮らしぶりが満載なのですが、それらはみな、子どもたちが興味を持って探してみれば、身の回りで観察できるハチたちなのです。



もとは刺さない虫だったハチが、寄生バチになり狩りバチになり、ハナバチへと進化していったしくみを、実際のハチたちの写真を見せながら丁寧に明かしていきます。(I)


■「たくさんのふしぎ」のご購入方法は?

①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。

②amzon、楽天ブックスなどのウェブ書店さんでもご購入いただけます。

(品切れになっていたり定価より高くなっていることがありますが、小社には在庫がありますので、近くの書店さんにご注文頂ければ幸いです)

③定期購読についてはこちらをご覧ください。

https://www.fujisan.co.jp/product/1559/


2021年4月8日木曜日

たくさんのふしぎ5月号『山里でくらす』

5月号は、『山里でくらす 中ノ俣の一年』という作品です。

山里で、米をつくり、ワラ細工をし、山菜をとる。

そんなくらしを営むおいじいさん、おばあさんたちのお話です。



舞台は、新潟県上越市にある中ノ俣とよばれる小さな集落。

町から車で30分以上離れた山の中にあり、冬になると雪が数メートルつもります。

住民のほとんどが高齢者の、いわゆる限界集落と呼ばれる地域でもあります。



作者は、写真家の佐藤秀明さん。

この地で力強く生活するお年寄りたちの生き様に惹かれ、15年以上村に通い、村の人たちの生活をカメラに収めてきました。

きのこを採る

ワラ細工。村のほとんどの人ができるそう


山菜料理も村の人の楽しみ


厳しい冬をこすと現れる、春の美しさは、息をのむほどなのだそう!


村では、毎年のように人口が減り、村の行事もなくなっていくという現実があるそうです。佐藤さんは「自分が撮らなくては」と使命感をもって撮影を続けてきました。

中ノ俣と似たような中山間地の人里が、すこし前までは全国にたくさんあったことでしょう。失われつつある古き日本のくらしの営みを、この作品を通して感じてもらえれば幸いです。


■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
③定期購読についてはこちらをご覧ください。

2021年3月10日水曜日

たくさんのふしぎ4月号『ひと粒のチョコレートに』

 ふだん私たちが何気なく食べているチョコレートですが、その中には驚くような歴史と科学が詰まっています。

そのエッセンスを子どもから大人まで多くの人に伝えられたらと思い、チョコレート研究の第一人者である佐藤清隆先生に文章をお願いしました。


佐藤先生はカカオの油の性質を研究し、テンパリングの科学的意義(6種類あるカカオの油の結晶をチョコレートに最適なⅤ型にする)を解明されました。


この現象は目に見えないほど小さな世界で起こっていて、非常に難しいので、大人向けのチョコレートの本でも触れられることは多くありません。ただ、今回はその点もできる限りわかりやすくかみ砕いて、本に盛り込みました。


また、この不思議なカカオの油の話を彩るのがjunaidaさんの絵です。ミクロの世界から古代アステカ・ヨーロッパまで、古今東西・大小さまざまに広がる世界を魅力的に描いてくださいました。


カカオの発芽シーンは、種から実際に育てていただいた様子をもとに描かれています。



カカオの生の実は日本で入手するのは大変難しく、今回特別にいろいろなご縁でわけていただくことができました。(でもカカオの木は温室のある植物園で見られることも多いので、ぜひ探してみてくださいね!)



チョコレートというお菓子が持つ美しさ、複雑さを本全体で味わっていただけたらと思います。

■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
③定期購読についてはこちらをご覧ください。