2019年4月16日火曜日

たくさんのふしぎ5月号『日本海のはなし』


5月号は、日本海のはなしです。


みなさまは、日本海にどのようなイメージをお持ちですか?

おいしい魚がとれる場所…?
打ち寄せる荒波…?
夕日と演歌…?
海水浴…?

明るく開放的な太平洋とくらべて、
どこか“地味”な海という印象をお持ちの方もいるでしょう。




この本では、そんな日本海の、スゴイところを紹介します!

くわしくは作品を読んでいただきたいのですが、
きっと、読み終えたら、
「ありがとう!日本海」
という気持ちになっていただけるかと思います。




文章を書いたのは、海洋学者の蒲生俊敬さん。
長年にわたる船上での海洋観測や研究が、作品に色濃く反映されています。
絵を描いたのは、ふしぎ新聞で「ふしぎ博物館」を
連載している、いしかわけんさんです。
明るくポップな雰囲気に仕上げていただきました。



海と陸地は離れていますが、両者は実は深く結びついています。
わたしたちの暮らしは、海とつながっているのです。
そんな大きなイメージが、みなさまに届きますように。


「たくさんのふしぎ」のご購入方法
全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
定期購読についてはこちらをご覧ください。





2019年3月12日火曜日

たくさんのふしぎ4月号『家をかざる』


たくさんのふしぎ2019年4月号は『家をかざる』(小松義夫 文・写真)です。
 

著者の小松さんは、30年以上にわたり、世界各地の家を撮り続けてきました。その中でも、特にユニークなかざりを施された12の地域の家を紹介するのが本書です。
 
ヨーロッパから南米、アフリカなど、地域によって家の外観や素材も様々ですが、装飾の技法もまた異なります。
 
たとえば、ギリシャのヒオス島ピルギー村。黒いセメントの下地の上から漆喰を塗り、フォークでひっかいて模様をつけています。


ポーランドのザリピエ村の家は、花模様が外壁だけでなく、室内にまでたくさん。


イエメンのシュグルフ村の家では、石を薄く削ってできたステンドグラスが美しい光を取り込みます。


エクアドルのチンボラソ山麓の家では、草葺きの屋根がなんと三つ編みに!
 

色とりどりに美しく装飾された家の写真は、見ているだけで心が躍ります。家の写真から、そこに暮らす人々の生活が浮かび上がるようです。
 
ぜひご覧ください。


 
本のご購入はこちら
「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15815876/
定期購読についてはこちらをご覧ください。
http://www.fujisan.co.jp/product/1559/
 
 





2019年2月14日木曜日

たくさんのふしぎ3月号『青い海をかけるカヌー マダガスカルのヴェズのくらし』


3月号『青い海をかけるカヌー マダガスカルのヴェズのくらし』(堀内孝 文・写真/牧野伊三夫 絵)では、
「ヴェズ」と呼ばれる漁民の生活を紹介しています。
 


突然ですが、マダガスカルに行ったことはありますか? 
私はありません。
行かれたことがある人は少ないのではないかと思います。
マダガスカル、どこにあるかといいますと、アフリカ大陸の東側、インド洋に浮かぶ島国です。
島というと小さそうですが、面積は日本の約1.6倍、世界で4番目に大きな島です。
 

 
バオバブやキツネザルなど、マダガスカルは固有の動植物で有名ですが、人のくらしも独特です。
インフラが日本のように整っておらず、気候も日本とずいぶん違ったり、今でも時折ペストが流行したり、気軽に旅行ができる国ではないようです。
しかし、この独特な環境があるからこそ、旅行者の心を鷲づかみにしてしまう何かがあります。
著者の堀内孝さんは、マダガスカルに魅せられた一人。
およそ30年以上、マダガスカルに何度も通い、動植物や人びとのくらしを取材をされてきました。
 

 
「お金をたくさん持つ必要がない」
「車はもたず、一番の移動手段は、風と人の力だけで動くカヌー」
「カヌーを作る時には、設計図なしで適当に手作り」
「海が荒れて漁ができなくても、あせらずみんなでのんびり」
「子どもたちは学校に行くより、海であそぶ」。
これは、本作で描かれているヴェズの人たちのくらしの一部です。
なんともおおらかではありませんか? 
なんとなく閉塞感の漂う日本とは大違いだな・・・・・・と思ったり。
日本から遠く離れたマダガスカルにふく自由な風を、本作から感じ取って頂ければうれしいです
 

 
また風の力だけで移動をするカヌーを、どうやって操縦するのか詳しい解説もあります。
後ろから風を受けていると、カヌーがまっすぐ進むことは簡単にわかりますが、
横風のときや、真正面から風を受けたときに、どうやってカヌーを進めるのか、
私はこの本を担当するまで知りませんでした。
しかし、目的にむかってちゃんと前に進めるのです!
帆の構造は単純ですが、風の力を最大限にいかす仕組みに感心してしまいます。
 

 
著者の堀内孝さんが実際にカヌーに乗船した時の様子も紹介されています。
2年ほど前、打合せをしているときに、堀内さんがカヌーに乗って撮影された写真があったら、
子どもたちにもカヌーに乗った気持ちになってもらえて、
この作品の世界をよりリアルに感じてもらえるのではないでしょうか、
というようなお話をしたところ、昨年、ヴェズの村に再訪して、この写真を撮ってきてくださいました!
ほかにも、迫力の乗船写真が掲載されています。
それに合わせたテキストもヴェズの人たちの考え方にぐっとせまり、
本作の見所のひとつとなっています。
 

 
担当者が好きなのが、お料理の場面。
堀内さんが「ばつぐんにうまい」と書いた魚のスープ。
いつか自分も、蒸し暑いヴェズの村でこれを食べながら、
マダガスカルのお酒で一杯やったら、きっと最高だろうなと思ったのでした。
 


本作の刊行を記念して、
東京銀座の森岡書店さんで、
「写真家 堀内孝と画家 牧野伊三夫による 
マダガスカル展」が開催されます。
会期は、3月26日(火)ー31日(日)
29日(日)19時からは、お二人のスライドトークと
デザインを担当された青木隼人さんによるヴァリーハ(マダガスカルの弦楽器)の演奏があります。
詳細のお問い合わせは、森岡書店(東京都中央区銀座一丁目28-15鈴木ビル/03-3535-5020)まで。

本のご購入はこちら
■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15781616/
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07L5V8BTW
③定期購読についてはこちらをご覧ください。
http://www.fujisan.co.jp/product/1559/



(K)
 
 

2019年1月10日木曜日

たくさんのふしぎ2月号『病院の子どもたち チャイルド・ライフ・スペシャリストのしごと』

たくさんのふしぎ2019年2月号は『病院の子どもたち チャイルド・ライフ・スペシャリストのしごと』(藤井あけみ 文 小平彩見 絵)です。
https://www.fukuinkan.co.jp/maga/detail_fushigi/


チャイルド・ライフ・スペシャリストは、病院にいて、主に長期入院などの子どもやその家族たちの心理面でのサポートをしています。

世界では4000人、日本でも約40人ほどが活躍しています。テレビドラマ「グッドライフ」で、榮倉奈々さんが演じて話題となったことがあります。



この本では、日本のチャイルド・ライフ・スペシャリストの草分け的存在である藤井あけみさんが、病院で出会ったふたりの子どもたちについて書いています。


「病気になって入院することは大変なことですが、そこでしか経験できないこともあります。ですからそんな貴重な体験をした子どもたちに、もっと話を聞いてみたいと思います。きっと彼や彼女から私たちは、たくさんのことを学べると思います。
 なぜなら病気の子どもが幸せに生きられる世界こそ、すべての子どもにとって居心地の良い世界だと思うからです。」(「作者のことば」より)

病院の中にあっても、子どもたちの生きる姿は輝いています。そのようすを、画家、小平彩見さんが温かみのある版画で描いてくれました。




■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15736073/
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07L5V8BTW
③定期購読についてはこちらをご覧ください。
http://www.fujisan.co.jp/product/1559/

2018年12月13日木曜日

たくさんのふしぎ1月号『盆栽をそだてる』

1月号は、『盆栽をそだてる』(村田行雄 文 関戸勇 写真)です。
埼玉県さいたま市にある盆栽園「九霞園」の三代目である村田行雄さんが、日々の仕事についてつづった作品です。



園内はモミジやカエデなどの雑木盆栽や、実もの花ものなど、多種多様な盆栽であふれています。
著者は好きな植物に似合う鉢をあわせるだけで、なんでも盆栽にすることができると言います。本書にでてくる盆栽を、二つご紹介します。


これは「キブシ」の盆栽です。
鉢が植物の繊細さを引き立てていて、全体の調和を感じませんか。
もしこれにちがう鉢をあわせたら、まったくちがった印象になるでしょう。盆栽は鉢えらびが重要なのです。


これは「パセリ」の盆栽です。食べ物も盆栽になるのです。
ずっとながめていると、小さなパセリが巨木に見えてくるからふしぎです。

読者にやさしく語りかけるような文章と、盆栽園の光景をあたたかく見守るように切り取った写真からなるこの本は、「盆栽って小難しそう…」と思っている方にこそ読んでいただきたい一冊です。

付録「きせかえ盆栽」付き。
切り取って組み合わせて遊びます。

◆「たくさんのふしぎ」のご購入方法◆
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
③定期購読についてはこちらをご覧ください。