2020年7月8日水曜日

たくさんのふしぎ8月号『空があるから』

梅雨でじめじめとしたお天気がつづきますね。
スカッと晴れ渡った青空が待ち遠しいという方も多いでしょう。
たくさんのふしぎ8月号は、『空があるから』です。
わたしたちの頭上にひろがる、広~い空の大切な役割を描いたお話です。


本をひらくと、きれいな青空がひろがります。
空のうえには、雲をのぞけば「何もない」と思うでしょう。



しかし空には「酸素」や「二酸化炭素」などのガスや、「水蒸気」などが存在します。
実はそれらが、地球の温度をちょうどよく調整しています。

もし地球に空(大気)がなかったら、地球はもっと「寒い星」になっていたと考えられるのだそう。



本の中では、太古の地球についてや、地球のおとなりの星、金星や火星の環境についても紹介していますよ。



地球に青く美しい空があるから、わたしたちは生きていける――。
そんな幸福なイメージを、この本を通して感じていただけたら嬉しいです。
夏らしい爽やかな彩りの作品です。

■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
Amazon 楽天
③定期購読についてはこちらをご覧ください。


2020年6月11日木曜日

たくさんのふしぎ7月号『街のネズミ』

たくさんのふしぎ2020年7月号は『街のネズミ』(原 啓義 文・写真)です。


表紙を開くと、まずは丸々とした一匹と目が合います。ちょっとほほえんでいるようにも見える、ふしぎな表情です。


著者の原さんが、「昔話の『おむすびころりん』のように、ネズミの世界に行くような感じで、本を見てもらいたい」と話していたことから、この写真を最初のページに使うことが決まりました。
ひとくちにネズミと言っても、その表情や顔つきはさまざま。

こちらを見つめる一匹は、どこか思慮深げに感じます。


また、裏表紙の一枚は銀座の街路樹の根元から顔を出したところです。最初にこの写真を目にした時、まさか銀座にいるドブネズミだとは思いませんでした。


警戒心の強い彼らの耳は絶えず動いているので、このように耳がそろって正面を向いた時を撮るのは、とても難しいそうです。

こうした愛らしい表情やしぐさは、気配を消して長時間たたずみ、彼らとの距離やタイミングを慎重にはかった末、撮影されたものです。

(この本では残念ながら載せられませんでしたが、カラスをアップで撮った写真も、九官鳥のような愛嬌のある表情が捉えられていたのを見て、びっくりしました)

普段、なかなか目にすることがないネズミたちの世界を、ぜひご覧いただければと思います。

■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
Amazon 

③定期購読についてはこちらをご覧ください。






2020年5月14日木曜日

6月号『まぼろし色のモンシロチョウ 翅にかくされた進化のなぞ』

 今朝、東京の外濠公園。土手に咲くカラシナのまわりをモンシロチョウがひらひら飛んでおりました。これまでは、ああモンシロチョウがおるなあ、くらいしか思いませんでした。しかし、今は違います。なぜなら、たくさんのふしぎ6月号、『まぼろし色のモンシロチョウ 翅にかくされた進化のなぞ』(小原嘉明 文/石森愛彦 絵)を担当したからです。

上のほうにはしっかり東京のモンシロの姿が

モンシロチョウはオスとメスをどうやって見わけているのか知っていますか? 答えは翅の色。でもそれは人間には見えない紫外色なのです。さらに調べていくと、日本と違い、ヨーロッパのモンシロチョウの翅には紫外色がないことがわかってきました。いったいなぜ? 身近なモンシロチョウの翅に隠された進化のなぞにせまります。
「モンシロチョウはメスの翅だけに紫外色がふくまれている。モンシロチョウのオスは交尾相手のメスをその色で見わけている」。ここまでのことは子ども向けの昆虫図鑑にも出ていますし、インターネットで検索をすれば容易に知ることができます。もともとこれを解き明かしたのが、本作の著者であり、40年以上、昆虫を研究されてきた小原嘉明さんでした。



 しかし、小原さんの研究はそこで終わっていません。さらに調べていくと、モンシロチョウが最初に現れたヨーロッパでは、モンシロチョウのメスの翅には紫外色がないことがわかったのです。では、イギリスのオスはどうやってメスを見わけるのか、ヨーロッパから日本へどのようにしてモンシロチョウはやってきたのか、そもそもなぜメスの翅に紫外色がふくまれるようになったのか、本作ではモンシロチョウの翅に隠された謎を解き明かしていきます。



 さらに、この絵本はモンシロチョウの翅にまつわる未解明の謎で締めくくられています。それは、モンシロチョウの名前の由来にもなってる黒い斑紋です。斑紋のないモンシロチョウがいたり、2つのものがいたり、斑紋の個体差が大きいのです。どうしてこうなっているのか。小原さんはそれがもしかしたら「中立進化」したものではないかと書いています。もしそれを証明することができれば、世界的な大発見になるとも言います。40年以上、昆虫を研究してきた小原さんならではの言葉です。身近な昆虫でも、わかっていないことがたくさんあります。子どもたちに未知なるものへの好奇心を持ち続けてほしいとの思いから、これからの進化生物学で重要な概念になっていくであろう「中立進化」を盛り込みました。



絵を担当したのは石森愛彦氏です。小原氏とのコンビでの絵本は、『暗闇の釣り師 グローワーム』(たくさんのふしぎ2015年1月号)につづき2作目です。石森氏は、大の虫好きです。小原さんのテキストをそのまま絵にするだけではなく、テキストには書かれていない研究のこぼれ話や、モンシロチョウ観察のポイントなども盛り込んで、子どもたちが親しみやすい作品に仕上げてくださいました。    



巻末付録の「ふしぎ新聞」の「作者のことば」のなかで、研究者になりたい子どもたちにむけて、小原さんはこんなことを書かれています。
「私は皆さんが、今関心を持っていることがあるのなら、そしてその謎を知りたいと思うのであれば、それがどんなに子供じみているとか、あるいは「何の役に立つの?」と言われようとも気にする必要はありません。知りたいことがあったら、何でもやってみてください。お父さんやお母さんに「なぜ? どうして?」と執拗に問いかけて困らせる、その好奇心を失わないでください。その科学的好奇心を持っていることは、研究者であることのもっとも大事な条件です。その意味で皆さんは、科学者あるいは研究者なのです。」



「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
③定期購読についてはこちらをご覧ください。


K

2020年4月6日月曜日

たくさんのふしぎ5月号『ポリネシア大陸』

たくさんのふしぎ5月号は『ポリネシア大陸』(野村哲也 文・写真)です。


写真家の野村哲也さんは、ある日タヒチ島でイースター島のあるモアイ像によく似た石像を見つけます。前から見ても後ろから見ても、正座をしたような姿がそっくりです。


しかし二つの島は4,000㎞も離れています。果たして古代の人がそんな長い距離を船で航海していたのだろうか……。

その時、野村さんはイースター島から3,800㎞も離れたペルーにある古代インカ遺跡「マチュピチュ」の石組みがよく似ていることを思い出します。


古代ポリネシアの人々にとって、長距離の航海は決して不可能ではなかったのではないか。その考えの根拠となったある研究がありました。

ペルーからイースター島へサツマイモがもたらされ、にわとりはタヒチからイースター島、そしてペルーへ渡ったことが遺伝子の研究により2006年に明らかになったのです。

もしかしたら、人々は大海を自由に行き来していたのかもしれない――そう考えた野村さんは、その痕跡を辿るべく、太平洋を囲む地域を旅して、さらに古代の人々の交流を探っていきます。

古代の遺跡や石像を追えば、謎がさらなる謎を呼ぶ……スケールの大きな旅をぜひあなたも体感してみてください。



■「たくさんのふしぎ」のご購入方法■
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。

②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
Amazon 
楽天ブックス

③定期購読についてはこちらをご覧ください。




2020年3月11日水曜日

たくさんのふしぎ2020年4月号『アラスカで一番高い山 デナリに登る』



デナリは標高6000mを超す北アメリカ大陸の最高峰で、少し前まではマッキンリーという名前でも親しまれていた山です。
4月号は、その山に登った写真家・石川直樹さんのお話です。

1998年、当時20歳だった石川直樹さんは、荷運びの一員としてデナリ登山に参加しました。その時は高山病で極限まで疲弊しながらも、なんとか頂上へたどりつくことができたそうです。

20歳当時、頂上にて。高山病で顔がむくんでいる


それから18年後の2016年、彼はふたたびデナリへ登ることにします。
今度はひとりきりの登山のため、荷物や食料はすべて自分で運ばなければなりません。


荷物をソリにのせ運んでいく

登山道具も紹介します


不安と畏れを感じながら、ぶじ登頂したとき、これまでにないほどの充足感とともに「生きる」ことの実感がこみあげてきたといいます。

美しい景色が目の前に…!

地球をくまなく冒険する写真家が感性豊かに綴った、さわやかな写真絵本です。
ぜひこの作品でデナリの凜とした空気に触れてみてください。

付録として、デナリからの壮観な景色を味わえる一枚絵がついています。

付録の一枚絵(ポスター)


■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
Amazon 
③定期購読についてはこちらをご覧ください。

2020年2月12日水曜日

たくさんのふしぎ2020年3月号『線と管のない家』

大きな地震や台風などで、電気や水道が止まってしまう。そういうニュースを耳にすることは少なくありません。

今の家はすべて電線やガス管、水道管でさまざまな場所につながっています。もちろんそれにより便利な生活が保たれているのですが、ひとたびその「線」や「管」が切れた時、私たちの生活はとたんに立ちゆかなくなってしまいます。

そんな心配のない家を作れないか? 
そう思った人たちが集まって、一軒の家を作ります。その記録が一冊にまとまりました。

例えば電気はソーラーパネルで……




気になるトイレやお風呂はこんな感じ。使った後の水は特殊なフィルターを通してから池に流し込みます。

「あったらいいな、こんな家」ができる様子を、一緒にのぞいてみませんか。


■「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
①全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)。
②ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
Amazon 
③定期購読についてはこちらをご覧ください。




2020年1月9日木曜日

たくさんのふしぎ2020年2月号『極夜の探検』

 北極には、冬になると一日中太陽が昇らない極夜とよばれる現象があります。雪と氷と月と星、そして闇しかない極夜の世界をひとりで旅して、長い暗闇の果てにのぼる太陽を見たら、人はいったい何を感じるのか? 探検家の角幡唯介さんがグリーンランドで行った命がけの探検がドキュメント絵本になりました。
 

角幡さんが極夜の探検をされたのは、201612月~20172月のことです。しかし、この探検にむけた準備は2012年冬からはじまっていました。『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊がみた北極』(集英社)の元になったカナダでの極地放浪。『極夜行前』(文藝春秋)に書かれている、現地調査や、食料、物資を備蓄するために何度もおこなったグリーンランドへの旅。4年かけ、角幡さんの探検家としての最高到達点を目指しておこなったのが、この極夜の探検でした。


 
極夜の探検は、ノンフィクションであると同時に、物語としても心に深く残るものがあると感じています。日常から暗闇の異世界に旅立ち、人間の力を超えるものに立ち向かい、最後に何かを得て帰還するという、この探検の構造そのものが何か普遍なものを秘めているのではないかと。古今東西の物語のなかでも、地下世界、洞窟、クジラのお腹の中など、太陽の光の届かない場所は、英雄たちの冒険の舞台として登場します。闇を超えて、光を見る、そして何かを得る、もしかしたらそこに人が求める物語の原始的なかたちが隠されているのかもしれません。40ページという制約のある絵本では、極夜の探検に秘められた物語の骨格が鮮明に現れているのではないかと感じます。テキストの言葉ひとつひとつは子ども向けにはすこし難しいと感じられるところもあるかもしれません。しかし、シンプルで力強い物語になっているからこそ、言葉の難しさを超えて、『極夜の探検』は子どもに楽しんでもらえる作品になっていると担当者は考えています。


 
探検前、角幡さんに写真絵本ができればというお願いをしていました。しかし、グリーンランドから戻られた角幡さんより「写真はほとんど撮ることができませんでした」との連絡がありました。この壮絶な探検で、絵本のために写真を撮る余裕があるはずもありません。そこで、テキストに書かれたことを最もよく表現して頂ける方にと、絵の執筆を山村浩二さんにお願いすることにしました。テキストの構成が固まったのは、ちょうど『極夜行』(文藝春秋)が出版されたのと同じ頃、2018年冬のことです。それから2年ほどかけて、絵と文章の検討を重ねました。絵を担当した山村浩二さんは、角幡さんから頂いた写真、動画を元にラフスケッチを作り、何度もフィードバックをもらい、さらに角幡さん、山村さんと担当者での打合せを行いながら、角幡さんだけが見た極夜の世界の絵を制作してゆきました。写実的なだけの絵ではなく、角幡さんがその時々で感じた空気感や月明りの色、闇の濃さ、各場面での不安や恐怖、喜びといった心理状態を、山村さんがイマジネーションを膨らませて描かれたのが本作の絵です。大半は容赦なく暗い場面が続きます。見やすさやわかりやすさを放棄してでも、角幡さんが探検した闇の世界を、読者ができるだけ追体験し、最後の場面で姿を現す太陽のまばゆさを感じてもらえるように、暗闇の絵は描かれています。


(K)

「たくさんのふしぎ」のご購入方法はこちらです
全国の書店さんでお買い求めいただけます(お取り寄せとなる場合もあります)
『極夜の探検』は、角幡さんの出身地の北海道をはじめ、特別にたくさん置いてくださっているお店があります。下記のリストにあるお店でしたら、確実に手にとってご覧頂けます。目印は、表紙写真の右側に写っている黒いサイン色紙です。近くにお住まいの皆さま、是非お立ち寄りください!
ウェブ書店さんでもご購入いただけます。
楽天ブックスhttps://books.rakuten.co.jp/rb/16153162/
定期購読についてはこちらをご覧ください。
 
***『極夜の探検』をたくさん置いてくださっている書店様***
◎北海道◎
紀伊國屋書店札幌本店
コーチャンフォー旭川店
コーチャンフォー美しが丘店
コーチャンフォー新川通り店
コーチャンフォー北見店
コーチャンフォーミュンヘン大橋店
コーチャンフォー釧路店
三省堂書店札幌店
ジュンク堂書店旭川店

◎千葉県◎
紀伊國屋書店流山おおたかの森店

◎東京都◎
紀伊國屋書店新宿本店
紀伊國屋書店玉川高島屋店
三省堂書店池袋本店
三省堂書店新横浜店
三省堂書店有楽町店
ジュンク堂書店池袋本店
ジュンク堂書店立川高島屋店
丸善丸の内本店

◎神奈川県◎
紀伊國屋書店横浜店

◎京都府◎
ジュンク堂書店京都店

◎大阪府◎
紀伊國屋書店梅田本店
紀伊國屋書店グランフロント大阪店
紀伊國屋書店天王寺ミオ店
ジュンク堂書店上本町店

◎愛媛県◎
ジュンク堂書店松山店

◎沖縄県◎
ジュンク堂書店那覇店